青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

学部について

  • HOME »
  • 学部について

学部長・学科主任メッセージ

法学部長のメッセージ

青学は、私の母校です。

私が青学法学部(そのころは「AOYAMA LAW」という愛称はありませんでした。)に入学したのはいまから30年以上前のことですが、その後、そのまま本学の大学院へ進学し、20代のほぼすべてを青山キャンパスで過ごしました。大学教員になってからは別の大学に勤務しておりましたが、10年ほど前にAOYAMA LAWの教員として戻ってきました。青山に戻ってきたとき、新しい建物が増えて、キャンパスの風景が大きく様変わりしていることに驚きましたが、正門から一歩、緑豊かなキャンパスに入った時に感じる、まるで自分の家に帰って来たような「ほっとする」感覚は昔のままでした。

AOYAMA LAWの素晴らしさの一つは、この「ほっとする」感覚だと思います。大学の周囲には渋谷・青山・表参道という現代日本の文化を牽引する街が広がり、大勢の人々が往来し賑わっています。青学に入学する学生は、すぐにそんな街にとけこみ、多くのクリエイティブで刺激的な人々に出会うことになるでしょう。一方で、そんな街の中心に、学生のちょっと緊張した気持ちを和ませ、「刺激」を「成長」に変換させる静かな思索の森が広がっているのです。そこに棲息する友人や先輩、そして教職員は、入学した一人ひとりの成長を支援し暖かく見守ってくれるでしょう。

ここ数年、大学、特に法学部に向けられる社会の視線は厳しさを増し、その価値が「入試偏差値」「国家試験の合格者数」「就職率」などのわかりやすい数字で測られ、序列化される傾向にあります。その一方で、それぞれの学生の悩みや迷い、それらを通した人間としての豊かさの獲得など、数字では表すことのできない価値は捨象されがちです。しかし、貴重な大学の4年間は、決められた競争路の中で走り続け、他人を追い抜いていくためだけにあるのではありません。その4年間は、本当は、みなさん自身が「どう生きたいのか」「どう生きるべきなのか」を真剣に考え、それぞれが「自分らしい未来を見つける」ために用いられるべきものです。

「ビジネス法」「公共政策」「司法」「ヒューマン・ライツ」という個性的な4つのコースを擁し、現代社会のさまざまな課題の研究に取り組むスタッフが、学生との濃密な交流の中で教育を行うAOYAMA LAWは、人が個性的に成長していく場として、とてもよい条件を備えていると思います。人生の基盤を作る大学4年間、みなさんも青山の森に本拠地を定めて、自分、そして社会に真摯に向き合ってみませんか。

法学部長(法学部教授)
大石 泰彦

法学科主任のメッセージ

多くの大学の法学部では,複数の学科が設置されています。例えば,法学を中心に学ぶ法学科と政治学を中心に学ぶ政治学科といった編成です。こうした編成がなされるのは,法を取り巻く環境の複雑化や法を扱う学問の専門分化に対応するためと捉えることができます。こうした傾向に対して,青山学院大学法学部(AOYAMA LAW)は,法学科の一学科のみで編成されています。

一学科であることによって,AOYAMA LAWの学生は,法について考えることの深遠さを感じ取ることができます。法にはより良き社会の実現に寄与するルールとしての役割が期待されています。その意味で,法について考えるということは,どのような社会が良き社会であるのか,そしてその社会の実現にはどのような法が求められるのかを探究することです。こうした根本的な問題に取り組むにあたり重要となるのは,個々の専門領域にのみ目を奪われてしまうような「木を見て森を見ない」姿勢を避けるということです。AOYAMA LAWの学生は,1年生から法や社会に関わる多様な知識を習得していきながら,まずは「森」(社会や法についての基礎的な知識)を知るようになります。「森」についての理解が深まるにしたがって,学生は,もっと深く知りたい「木」(専門領域)を見つけて,その「木」のなかの問題点の発見や解決策の設計といった研究活動に勤しむことになります。「森」を踏まえることによって,「木」についての研究はより社会的意義の大きい成果を生み出すことが可能になります。こうした「森」と「木」の有機的なつながりが促されるのは,入学前に専門領域(学科)を選ぶのではなく,入学後に専門領域を選択する一学科制においてであるといえるでしょう。

AOYAMA LAWで培われるこうした法についての理解や研究は,青山キャンパスの立地を活用することによって,一層進展することが期待されます。青山キャンパスは文化の発信地である渋谷や表参道のなかに立地し,キャンパスの近くには,国内外の多くの企業が活動する赤坂や青山,日本の立法府である国会のある永田町があります。文化・経済・政治の現場で何となく感じる違和感や疑問はAOYAMA LAWのなかで具体化される一方で,AOYAMA LAWのなかでの知識獲得や研究活動はそれらの現場を目にすることで現実味を帯びることでしょう。

AOYAMA LAWを通じて得られる法についての知識や経験は,法というものが社会のなかに存在するかぎり,社会のどのような場面においても有用となるに違いありません。より良き社会の実現に向けたAOYAMA LAWの知的活動に参加していただける方々をお待ちしております。

法学科主任(法学部教授)
松田 憲忠

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.