青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

法務省 連携研修

  • HOME »
  • 法務省 連携研修

インターシップⅡ

講義概要

cooperation_img_01

少年院仮退院者等を対象として,就農による自立を支援するため農業等の職業訓練を行い,保護観察官による生活指導や社会技能訓練等を実施している沼田町就業支援センター(北海道雨竜郡沼田町)を4日間の日程で訪問し,行政機関・地元住民・入所少年との懇談,農業実習体験,社会奉仕体験を行います。
実習前には法務省による講義が行われ,この講義ついてのレポートを作成してもらいます。
実習後にも各自総括としてレポートを提出してもらいます。
日程については,8月中に事前講義を,9月初旬に実習を行います。

達成目標

cooperation_img_02

A)人権,刑事政策,自治体政策,公私協働といった事項について,通常の講義で学習する理論が社会のなかで実際にどのようなかたちで実践されているのかを知り,実感することで,理論と実践との違いを理解できるようになること

B)そうした理解を踏まえて,講義で学んだ理論を各自が将来社会に還元していくための基礎を獲得すること

スケジュール(2014年度)

cooperation_img_03

  1. 事前講義(青山キャンパス)
  2. 実習開始前講義(沼田町)
  3. 沼田町就業支援センター事業説明・センター内見学
  4. 農場見学
  5. 農業実習体験①
  6. 関係団体との懇談会、「すずらんの会」「保護司会」「明日萌の会」
  7. 沼田町の町政についての学習
  8. 農産加工場見学
  9. 農業実習体験②
  10. 社会貢献活動(老人施設での社会奉仕体験等)
  11. 沼田町就業支援センターにて入所少年との交流会
  12. 事例検討会(沼田町)
  13. 総括(沼田町)
ページトップ

法務省保護局スタッフによる講演会

法務省保護局スタッフによる講演会

2015年7月8日、1年次設置科目である「法学入門」の1クラスにおいて、刑事手続の流れ、有罪判決執行の現状、法務省の再犯防止の取組み、少年事件の流れと更生に向けた法務省の取組み等について、法務省保護局のスタッフをゲストスピーカーとしてお招きしてお話を頂きました。

「法学入門」は1年次前期に9クラスが設置されており、法学部生が法学の学習に必要な基礎知識を学んでいます。今回の講演会について、受講生はゲストスピーカーの方々を驚かせるほど真剣にお話を受け止め、「実務に携わる方から直接にお話を伺えて良かった」「法学部生としての自覚が湧く」等の感想を述べていました。受講生の多くが、法学学習上の大切な視点を得たようです。

法務省保護局スタッフによる講演会
法務省保護局スタッフによる講演会
ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.