青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

安藤 泰子 ゼミナール

安藤 泰子 ゼミナール

「国際刑事法」

安藤 泰子教授

私たちは、安藤泰子教授のご指導のもと、主に国際刑事法や国際刑事裁判所について学んでいます。
「国際社会に日々起こる国際性を有する刑事事件をどのように法律で裁くのか。」この問題に対し国際的な視点から研究をしています。
たとえば、国際紛争など国際刑事事件の背景には、宗教的・政治的・民族的・歴史的・地域的など、さまざまな複雑な理由があり、ICCと呼ばれる国際刑事裁判所では管轄権を服す犯罪として、「人道に対する罪」、「戦争犯罪」、「侵略犯罪」があります。
歴史的な、また、現代ならではの重大な国際刑事事件を法的に考え、ゼミ生間で意見交換をすることは、大変勉強になり興味深いです。
安藤先生の、国際刑事法や国際刑事裁判所についての講義・演習他、視覚的な情報として与えてくださる学術記録映画など貴重な資料を基礎に、90分間のゼミの授業で多くのことを得ることができます。

安藤ゼミでは机上の学習だけではなく、さまざまなフィールドワークのチャンスもあります。例年、刑務所参観、最高裁判所見学や講演会へ参加させていただいていて、どれもなかなか経験できないようなことなので、とても貴重な機会です。

活動内容は、3年生は主に国際刑事裁判所について各ゼミ生の発表や討議を通して学び、4年生は卒業論文執筆に向けて各ゼミ生が卒論テーマに沿った発表を行います。
ゼミ合宿に行ったり青山祭で模擬店を出したりと、ゼミ生同士の仲もとても良いです。

この安藤ゼミで、2年間安藤先生やゼミ生と共に学習することで、国際事件への関心や、自分なりの見方や考察が身につくはずです。

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.