青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

府川 繭子 ゼミナール

府川繭子ゼミナール

「行政訴訟を題材にして行政法について考える」

photo_fukawa

府川繭子先生による行政法のゼミです。現在、3年生10人4年生9人で、毎週木曜日の4、5限に3、4年生合同で行っています。主に模擬裁判を中心に進みますが、基本的な内容を多く含んだものを学ぶので初学者の皆さんでも授業と大きな差を感じることはありません。強制ではありませんが、府川先生の行政法の講義も履修するとより理解が深まります。
模擬裁判は、毎回行政法の絡む様々な事例について、原告チーム・被告チーム・司会係に分かれて1~2週にわたり行います。裁判前にどのような主張をし、相手側がどのような返答や質問をするのかを考えて対策するので、チームごとに時間を見つけて準備をします。
相手がどのような発言をしても対応できるようにしなければならないので、準備は大変ですが、その分理解が深まります。

夏休みには合宿を行います。昨年度は大阪へ赴き、大阪空港騒音訴訟という有名な判例の現場を見学することで、現在どれくらい騒音があるのか実際に行って感じてきました。今年は沖縄に決定しており、基地の見学を予定しています。もちろん勉強だけでなく、その土地ならではの観光も楽しみます!

後期にはまだ詳しいことは決まっていませんが、フィールドワークも行い、行政法の理解を深めていきたいと思います。
府川先生は、非常に優しく親しみやすい方です。普段は非常にのんびりとしている印象ですが、授業やゼミでは熱心に分かりやすい解説をして下さいます。尊敬できるとともに、とても親近感のもてる先生です!
先生もゼミ生もとても仲が良く普段は和気藹々としていますが、ゼミの時間は真剣に議論をするというように、オンとオフのけじめがしっかりしているゼミです。また、たまに飲み会を催して仲を深めています。
日常生活に広くかかわっている行政法について、ぜひこのゼミで私たちと一緒に学びましょう!

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.