青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

伊藤 敬也 ゼミナール

伊藤 敬也 ゼミナール

「国際私法:国境を越える生活の法」

photo_ito

われわれの日常生活はすでに国際化を超えてグローバル化している。日本企業と外国企業との取引や日本人と外国人との婚姻はもはや珍しくない。このような国境を越える営みから法律問題の生じたとき、どこの国の裁判所で訴訟可能なのか、訴訟地の裁判所で用いられるのはどこの国の法律なのか、などを決めるのが国際私法。おもしろいことに、国際私法という法律によって、日本の裁判所で日本の裁判官が外国の法律を日本の法律と同じように適用できるのだ。

ゼミでは、主に3年生が対象の文献資料にもとづく研究報告と3・4年生合同の模擬裁判形式のディベート大会の両方を行なっている。文献資料にもとづく研究報告では、学生が自ら選択した広義の国際私法にかかわるテーマの日本語あるいは外国語の文献資料について議論する。模擬裁判形式のディベート大会は、チームにわかれ1年間の勝敗を競う。

ゼミの向こう側へ
学生と教員が協働する賑やかな知の共同体

伊藤ゼミナール

わたしたちが研究の対象にしている国際私法は、国際契約や国際婚姻など、国境を越えるさまざまな生活関係を規律する。「国境を越える」ということは「複数の国にかかわる」ということ。「複数の国にかかわる」ということは「複数の法秩序にかかわる」ということ。グローバル化の進む時代に、わたしたちの生活はもはや国境線の内側だけでは成り立たない。
 日本の商社がベトナムの企業と取引するとき、その契約には日本とベトナムのどちらの法律が適用されるのだろうか。両社の間に法律上の紛争が生じたとき、日本とベトナムのどちらの裁判所で訴訟を行なえるのだろうか。日本人のあなたがコロンビア人サッカー選手と結婚するとしよう。そのサッカー選手はレアル・マドリードに所属している。二人はスペインのマドリードで婚約した。サッカー選手を引退した後はコロンビアで一緒に暮らしていた。子どもがコロンビアで生まれた。婚姻生活がうまくいかなくなり離婚することになった。子どもの親権は、財産分与は、どこの国の法律で判断されるのだろうか。これらは国際私法によって定まる。

模擬裁判ディベートトーナメント

模擬裁判ディベートトーナメント

拡大

学生が自ら選んだ日本の裁判例を題材にした模擬裁判形式のディベート。3年生と4年生の合同で編成したチームが、それぞれ原告と被告に分かれ一年間のトーナメントを競う。


《2015年度前期模擬裁判テーマ》

  • 「公海上で発生した外国船籍船舶間の衝突事故」
  • 「日本法人とカリフォルニア州法人の清涼飲料水売買契約」
  • 「日本法人とモナコ法人の代理店契約」
  • 「日本在住の韓国人の亡父との親子関係」
  • 「日本人とフィリピン人の婚姻の無効」
  • 「アルゼンチンでの交通事故」
  • 「台湾人が日本に遺した不動産の相続」
模擬裁判ディベートトーナメント

拡大

合宿でもない。旅行でもない。ある日のゼミが終わった後、ふと思い立ち、3年生と4年生と先生が一緒になって銚子の海岸まで日の出を見に行く。10年目を迎えたゼミの、さりげないいつもどおりの日常。


 

模擬裁判ディベートトーナメント

拡大

模擬裁判ディベートトーナメント

拡大

模擬裁判ディベートトーナメント

拡大

ゼミの活動は教室のなかだけに留まらない。卒業生も参加して奥多摩でバーベキュー。教室外の交流によってお互いの信頼が高まると、教室内の議論はより厳しくなり、より深くなる。

 

研究報告

研究報告

拡大

3年生は、候補として指定されたテーマからそれぞれ関心のあるものを選び、グループに分かれて研究報告を行なう。先生からの合格認定を得られないと、一つのグループの報告が数週間にわたって続くこともある。それだけに、報告を無事に終えられたときの喜びは大きい。

ゼミでの議論に疲れたら、3年生と4年生と先生と東京湾の納涼船で夕涼み。


研究報告

拡大

《2015年度研究報告テーマ》

THEME01:国際親子関係と反致
嶋拓哉「選択的連結に対する反致の適用に関する若干の考察」北法65巻5号518頁(2015)
THEME02:準拠法の解釈方法
Grace E. Hart, Methodological Stare Decisis and Intersystemic Statutory
Interpretation in the Choice-of-Law Context, 124 YALE L.J. 1825 (2015)
THEME03:国際取引における準拠法の分割指定
中村秀雄「国際商取引契約における準拠法の分割指定」商学討究64巻4号39頁(2014)
THEME04:アメリカ牴触法の現在
Laura E. Little, Conflict of Laws Structure and Vision: Updating a
Venerable Discipline, 31 GA. ST. U. L. REV. 231 (2015)
THEME05:国際離婚と当事者自治
小池未来「国際離婚法における当事者自治の根拠—ヨーロッパの立法例を手がかりに―」同法66巻3号47頁(2014)
THEME06:財産のグローバル化戦略
Amnon Lehavi, Unbundling Harmonization: Public Versus Private Law
Strategies to Globalize Property, 15 CHI. J. INT’L L. 452 (2015)


ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.