青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

中村 芳昭 ゼミナール

中村 芳昭 ゼミナール

「税法を研究している中村ゼミです。」

photo_nakamura

こんにちは。私たち中村ゼミの研究内容は「税法」です。
主な日々のゼミ活動は、過去の税法に関する判例を研究することです。判例ごとに学生の中で決めた担当者が事前にレジュメを作成し、ゼミの時間にそのレジュメを中心としてゼミ生全員で議論し、税法の理解を深めています。担当者はレジュメを作成するとともに、議論を円滑に進めるためにその判例内容に関しての知識を持たないとならないので、責任は重大ですが、税法をより理解することができます。そして、ゼミ生全員で議論することにより、普段深く考えることのない税について考えることができます。また、積極的に自らの意見を発表することで、発言力を養うことにもつながっています。複雑な法律や裁判所の判断に遭遇した際は、中村芳昭教授が、ゼミ生が理解するまで説明してくださるので、ゼミならではの深い学びをすることができます。

毎年秋には、他大学とのディベート大会への参加や現役の税理士とディベートする機会があります。そのため、夏休み期間中に合宿を行うことやゼミ生主体でゼミの時間以外に集まるなどして、ディベートに向けた練習を行います。ディベート大会ではもちろん優勝を目指しており、その目標のためにはそのディベートテーマとなる判例について詳しく研究することが必要です。また、ディベートでは個々の発言がとても重大となるので、自らの発言に自信と責任をもたなければなりません。その自信と責任をもつために、日々のゼミ活動、生徒間での自主学習が大切となります。やる気と探求心が良い結果につながると信じ、私たちは日々活動しています。

ゼミの授業、合宿、その他の活動などは、基本的に学生が主体となって計画しています。その分、責任感もありますが、のびのびと自由に活動することができています。
中村ゼミをこれからもよろしくお願いします。


ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.