青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

岡田 直己 ゼミナール

岡田 直己 ゼミナール

「経済法-独占禁止法と競争政策-」

「勉強は楽しく、遊びは真剣に。」

岡田 直己 准教授

岡田ゼミでは、日米の経済法(日本の独占禁止法、アメリカの反トラスト法)を研究しています。経済法は企業の経済活動に密接な関わりを持つ身近な法律で、「馴染みがない!」と思っている人も勉強すればするほど興味が湧く分野です。ゼミ活動の柱は、3年生が2週間に1回行うディベート、3年生一人ひとりが専門分野の基礎的理解の上にテーマを自由に設定して執筆するリサーチペーパー、4年生が2年間のゼミ活動の集大成として執筆する卒業論文です。ディベートは特に重視されていて、4年生は卒業論文の執筆に取り組みながら、3年生のメンターとしてアドバイスを行うだけでなく、春合宿と夏合宿では3年生と一緒にディベートに取り組みます。

岡田 直己 ゼミナール

拡大

岡田 直己 ゼミナール

拡大

ディベートでは、日本側・アメリカ側のチームに分かれ、討論のテーマについて日本語・英語問わず多くの判例や論文を読み、それぞれのチームの主張・論拠を練り上げて討論を行います。ディベート本番だけでなく、その準備段階でもお互いに真剣に意見をぶつけあうことで、討論の内容や進め方をより良くしていくことができ、本来のコミュニケーション能力を高めることができるだけでなく、経済法に関する理解を深めていくことができます。岡田ゼミでは、「社会で通用する人間」になることを目指して、徹底的に準備して行うディベートや卒業論文の執筆に取り組むことで、論理的思考能力や相手に自分の考えを正確に伝えて議論する交渉能力を身につけることができるので、自分たちの今後にとってとても大きな財産を得ることができます。

岡田 直己 ゼミナール

拡大

岡田 直己 ゼミナール

拡大

また、ゼミのみんなと過ごす時間が長いので、先生もゼミ生も自然と仲良くなります、ゼミ後にはみんなでパーティーを開いたり、合宿ではレクリエーションをしたり、イベントも盛り沢山です。岡田先生は「勉強は楽しく、遊びは真剣に」という考え方を大切にしていて、ゼミにも遊びにもいつも本気です。2年生のときに岡田先生の入門演習に参加して、「これからもここでがんばろう」と決めて岡田ゼミに応募したメンバーが多く、遊びやバイト、サークルなどに偏ることなく、大学生としてやるべきことをしっかりやろうという強い気持ちを持ったメンバーが集まっています。勉強に遊びに全力投球の岡田ゼミでは、学生生活が充実すること間違いなしです!

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.