青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

酒井 安行 ゼミナール

酒井安行ゼミナール

「最近の刑事法のトピックについて青山祭で発表する」

photo_sakai

テーマは刑事法、とくに、最近の刑事立法を研究することを標榜しているが、要するに、いま、刑事法の分野で問題となっているテーマを取り上げるということである。一時期「チャラゼミ」と言われたらしいが、最近は、結構「秀才ゼミ」である。もっとも、多士済々のゼミ員は、秀才も、そうでもない人も、そんなことは一向に気にせず、ときには一致団結して、ときには思い思いに、テーマに取り組んでいる。進路も様々で、民間企業を中心に、公務員が多い年や、進学が多い年もあり、こういう多彩さ、緩さ?が、特徴といえば特徴だろう。

ゼミ全体での活動の柱は青山祭での研究発表である。3月の新歓合宿から6月頃にかけて、いくつかの班に分かれて、各班が選んだテーマについて研究発表し、その中から、青山祭発表テーマを選び、夏休みから本格的に準備を進める。青山祭に参加して10年余、ノウハウも定着してきたが、そろそろ何か新機軸が必要かもしれない。

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.