青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 法学部

カリキュラム

2013年4月、法学部の就学キャンパスは「青山」に統合され、すべての学生が入学から卒業まで「青山」で学ぶことになりました。また、就学キャンパスの統合とともに、法学部のカリキュラムも刷新されました。

法学部のカリキュラムは、基本六法を中心に、社会の動きを敏感に捉えた魅力ある科目構成になっています。刑事政策、NPO論、企業法務などの先端・展開科目、アメリカ法、EU法などの外国法科目、国際労働法、国際人権法などの国際系科目までを網羅し、他大学の法学部と比べてもバラエティに富んでいます。1・2年次(第1〜第4セメスター)は、法を学ぶための基本的精神を身につけるために8つの入門科目を必修としていますが、その他は自らの興味・関心などに合わせて学べるよう、自由度の高い選択必修科目を中心に構成されています。また、卒業後の進路を想定し、2年次からは4つのコースから1つを選択して学ぶこととし、コースごとに配置された専門教育科目(すべて選択必修科目)をはじめ、少人数制の入門演習や、3・4年次(第5〜第8セメスター)のゼミを通じて法に関する専門研究を深めます。さらに、法学部独自の海外研修を5カ国で実施しているほか、青山キャンパスにいながら英語で学ぶことができる科目を多数設けており、AOYAMA LAWでは、世界に目を向けながら法の基礎から最先端の応用までを学ぶことができます。

学びの特色

AOYAMA LAWは、1つの年度を「前期」と「後期」に分けており、それぞれを「セメスター」と呼んでいます。青山キャンパスで送る大学生活の4年間は8つのセメスターに分かれており、第1セメスターから第8セメスターへ進むにしたがって、基礎的な科目から専門的な科目へと段階的に移行していきます。このプロセスを通じて、「法が社会でどのように生かされているか」「法に関わるどのような問題が社会に存在するか」などを理解し、法と社会との関わりを4年間かけて学んでいくことになります。また、4年間の学びを通じて、特定の具体的な問題をより深く学びたいという希望を抱いた学生には、大学院法学研究科への進学という道も開かれています。

法学部の専門教育科目は、4つの科目群に分かれています。コースごとに決められた条件をふまえつつ、自らの問題関心に従って各群の科目を履修していくことで、「幹から枝へ」系統的に、かつ、個性的に法と政治を学ぶことができます。

学びの特色

コースの選択は、1年次後期(第2セメスター)のスタートに先立って行います。その後、コースごとに定められた条件をふまえつつ、自らの問題関心に従って各群の科目を履修していくことで、「幹から枝へ」系統的かつ個性的に法と政治を学びます。

  • 科目群Ⅰ:少人数で行われ、議論を重視する演習科目、いわゆる「ゼミ」科目。
  • 科目群Ⅱ:法学・政治学の学びへの誘いとなり、また、それを豊かにしていく科目。
  • 科目群Ⅲ:法学・政治学の「幹」にあたり、複数のコースにおいて重要になる科目。
  • 科目群Ⅳ:法学・政治学の「枝」にあたり、各コースの専門性を極めるための科目。
科目群Ⅰ 科目群Ⅱ 科目群Ⅲ 科目群Ⅳ
(2年次) 【入門科目】 【公法科目】 【ビジネス法コース】
入門演習 (1年次) (1年次) (1・2年次)
(3年次) 法学入門 憲法A・B ビジネス法入門
法学・政治学演習IA・IB 法学概論(公法系)・(私法系) (2年次) 法と経済
教養演習IA・IB (1・2年次) 憲法C・D (2年次)
(4年次) 裁判論 行政法A・B 消費者法
法学・政治学演習IIA 国際社会と法 刑法A・B 銀行取引法
法学・政治学演習IIB(卒論を含む) 法情報リテラシー 国際法A・B 商事法特論A
法学・政治学演習IIC インターネット法 刑事法特論A (3・4年次)
法学・政治学演習IID   憲法基礎演習 金融商品取引法
教養演習IIA 【基礎法科目】 刑事法基礎演習 企業法務
教養演習IIB(卒論を含む) (1・2年次) (3・4年次) 国際取引法A・B
教養演習IIC 法思想史A・B 行政法C・D・E 商事法特論B・C・D・E・F
教養演習IID 近代日本法史 刑法C・D インターナショナル・ビジネス・トランザクション(隔年)
近代西洋法史 国際法C・D M&Aビジネス実務論(隔年)
法史学A・B 刑事訴訟法A・B 国際金融法
(2年次) 刑事政策A・B 証券市場と証券ビジネスの展望
法哲学A・B 教育法 研修・インターンシップ
法社会学A・B 刑事法特論B  
(3・4年次) 刑事法特論C・D(隔年) 【公共政策コース】
基礎法特論A・B   (1・2年次)
    公共政策入門
【外国法科目】 【私法科目】 立法学
(1年次) (1年次) (2年次)
海外研修A・B・C・D・E 民法入門 行政学A・B
(1・2年次) 民法A(ペア) 公共政策特論A・B
外国法入門 (2年次) (3・4年次)
法律英語 民法B・C(ペア) 地方自治法
(2年次) 商法A・B(ペア) 都市法
アメリカ法A・B(隔年) 民事法基礎演習 政治過程論A・B
アメリカ法E (3・4年次) 公共政策特論C(制度政策評価法)
イギリス法A・B 民法D・E(ペア) 研修・インターンシップ
フランス法A・B 商法C(ペア)  
ドイツ法A・B 商法D・E(ペア)(隔年) 【司法コース】
中国法A・B 民事訴訟法A・B(ペア) (1・2年次)
(3・4年次) 国際民事訴訟法 法曹入門
アメリカ法C・D(隔年) 国際私法A・B 現代法実務論
EU法 破産法A・B (2年次)
グローバル・スキーム論A・B 知的財産法A・B・C・D 法学ライティング
英米法・政治文献講読 民事法特論A・B・C (3・4年次)
フランス法・政治文献講読   法曹演習A(憲法)・B(民事法)・C(刑事法)・D(行政法)・E(商事法)
ドイツ法・政治文献講読 【社会法科目】 研修・インターンシップ
中国法・政治文献講読 (2年次)  
現代法特講(アメリカ法入門) 労働法A・B 【ヒューマンライツコース】
  税法A (1・2年次)
(3・4年次) ヒューマンライツの現場A・B
経済法A・B (2年次)
労働法C・D・E 人権調査論
国際労働法 環境法A・B
税法B・C 人権法特論A・B
社会保障法A・B (3・4年次)
  言論法A・B
【政治学科目】 国際人権法
(1・2年次) 人権法特論C・D
政治学原論A・B 研修・インターンシップ
日本政治史A・B  
(2年次)
政治思想史A・B
比較政治学(ペア)
国際関係論(ペア)
政治学特論A・B
(3・4年次)
NPO論
政治学特論C

※科目名など内容の一部を変更する場合があります。

青山スタンダード科目 (1〜4年次) 学部・学科の枠を超えた幅広い学問分野のエキスパートが、学びへの興味を喚起する全学共通教育システム。
外国語科目 第一外国語 (1年次) コミュニケーション&リーディングⅠ、オーラル・イングリッシュⅠ、コミュニケーション&ユーセージⅠ、英語能力試験講座Ⅰ〜Ⅳ
(2年次) コミュニケーション&リーディングⅡ、オーラル・イングリッシュⅡ、コミュニケーション&ユーセージⅡ
(3・4年次) オーラル・イングリッシュⅢ、イングリッシュ・ワークショップA〜D
第二外国語 (2年次) フランス語Ⅱ(A)〜(F)、フランス語Ⅱ、ドイツ語Ⅱ(A)〜(E)、ドイツ語Ⅱ、スペイン語Ⅱ(A)〜(D)、スペイン語Ⅱ、中国語Ⅱ(A)〜(E)、中国語Ⅱ、ロシア語Ⅱ、韓国語Ⅱ、フランス語会話Ⅰ、ドイツ語会話Ⅰ、スペイン語会話Ⅰ、中国語会話Ⅰ、ロシア語会話Ⅰ、韓国語会話Ⅰ
(3・4年次) フランス語Ⅲ(A)・(B)、ドイツ語Ⅲ、スペイン語Ⅲ、中国語Ⅲ、ロシア語Ⅲ、フランス語会話Ⅱ、ドイツ語会話Ⅱ、スペイン語会話Ⅱ、中国語会話Ⅱ
自由選択科目 (1〜4年次) 学科科目・青山スタンダード科目・外国語選択科目(必要単位以上の履修)及び法学部共通科目並びに他学部開講科目を自由に選択して学べます。

(卒業要件単位=132)

科目群Ⅰ
(2年次)
入門演習
(3年次)
法学・政治学演習IA・IB
教養演習IA・IB
(4年次)
法学・政治学演習IIA
法学・政治学演習IIB(卒論を含む)
法学・政治学演習IIC
法学・政治学演習IID
教養演習IIA
教養演習IIB(卒論を含む)
教養演習IIC
教養演習IID

※科目名など内容の一部を変更する場合があります。

科目群Ⅱ
【入門科目】
(1年次)
法学入門
法学概論(公法系)・(私法系)
(1・2年次)
裁判論
国際社会と法
法情報リテラシー
インターネット法
【基礎法科目】
(1・2年次)
法思想史A・B
近代日本法史
近代西洋法史
法史学A・B
(2年次)
法哲学A・B
法社会学A・B
(3・4年次)
基礎法特論A・B
【外国法科目】
(1年次)
海外研修A・B・C・D・E
(1・2年次)
外国法入門
法律英語
(2年次)
アメリカ法A・B(隔年)
アメリカ法E
イギリス法A・B
フランス法A・B
ドイツ法A・B
中国法A・B
(3・4年次)
アメリカ法C・D(隔年)
EU法
グローバル・スキーム論A・B
英米法・政治文献講読
フランス法・政治文献講読
ドイツ法・政治文献講読
中国法・政治文献講読
現代法特講(アメリカ法入門)

※科目名など内容の一部を変更する場合があります。

科目群Ⅲ
【公法科目】
(1年次)
憲法A・B
(2年次)
憲法C・D
行政法A・B
刑法A・B
国際法A・B
刑事法特論A
憲法基礎演習
刑事法基礎演習
(3・4年次)
行政法C・D・E
刑法C・D
国際法C・D
刑事訴訟法A・B
刑事政策A・B
教育法
刑事法特論B
刑事法特論C・D(隔年)
【私法科目】
(1年次)
民法入門
民法A(ペア)
(2年次)
民法B・C(ペア)
商法A・B(ペア)
民事法基礎演習
(3・4年次)
民法D・E(ペア)
商法C(ペア)
商法D・E(ペア)(隔年)
民事訴訟法A・B(ペア)
国際民事訴訟法
国際私法A・B
破産法A・B
知的財産法A・B・C・D
民事法特論A・B・C
【社会法科目】
(2年次)
労働法A・B
税法A
(3・4年次)
経済法A・B
労働法C・D・E
国際労働法
税法B・C
社会保障法A・B
【政治学科目】
(1・2年次)
政治学原論A・B
日本政治史A・B
(2年次)
政治思想史A・B
比較政治学(ペア)
国際関係論(ペア)
政治学特論A・B
(3・4年次)
NPO論
政治学特論C

※科目名など内容の一部を変更する場合があります。

科目群Ⅳ
【ビジネス法コース】
(1・2年次)
ビジネス法入門
法と経済
(2年次)
消費者法
銀行取引法
商事法特論A
(3・4年次)
金融商品取引法
企業法務
国際取引法A・B
商事法特論B・C・D・E・F
インターナショナル・ビジネス・トランザクション(隔年)
M&Aビジネス実務論(隔年)
国際金融法
証券市場と証券ビジネスの展望
研修・インターンシップ
【公共政策コース】
(1・2年次)
公共政策入門
立法学
(2年次)
行政学A・B
公共政策特論A・B
(3・4年次)
地方自治法
都市法
政治過程論A・B
公共政策特論C(制度政策評価法)
研修・インターンシップ
【司法コース】
(1・2年次)
法曹入門
現代法実務論
(2年次)
法学ライティング
(3・4年次)
法曹演習A(憲法)・B(民事法)・C(刑事法)・D(行政法)・E(商事法)
研修・インターンシップ
【ヒューマンライツコース】
(1・2年次)
ヒューマンライツの現場A・B
(2年次)
人権調査論
環境法A・B
人権法特論A・B
(3・4年次)
言論法A・B
国際人権法
人権法特論C・D
研修・インターンシップ

※科目名など内容の一部を変更する場合があります。

青山スタンダード科目
(1〜4年次)
学部・学科の枠を超えた幅広い学問分野のエキスパートが、学びへの興味を喚起する全学共通教育システム。

(卒業要件単位=132)

外国語科目
第一外国語
(1年次)
コミュニケーション&リーディングⅠ、オーラル・イングリッシュⅠ、コミュニケーション&ユーセージⅠ、英語能力試験講座Ⅰ〜Ⅳ
(2年次)
コミュニケーション&リーディングⅡ、オーラル・イングリッシュⅡ、コミュニケーション&ユーセージⅡ
(3・4年次)
オーラル・イングリッシュⅢ、イングリッシュ・ワークショップA〜D
第二外国語
(2年次)
フランス語Ⅱ(A)〜(F)、フランス語Ⅱ、ドイツ語Ⅱ(A)〜(E)、ドイツ語Ⅱ、スペイン語Ⅱ(A)〜(D)、スペイン語Ⅱ、中国語Ⅱ(A)〜(E)、中国語Ⅱ、ロシア語Ⅱ、韓国語Ⅱ、フランス語会話Ⅰ、ドイツ語会話Ⅰ、スペイン語会話Ⅰ、中国語会話Ⅰ、ロシア語会話Ⅰ、韓国語会話Ⅰ
(3・4年次)
フランス語Ⅲ(A)・(B)、ドイツ語Ⅲ、スペイン語Ⅲ、中国語Ⅲ、ロシア語Ⅲ、フランス語会話Ⅱ、ドイツ語会話Ⅱ、スペイン語会話Ⅱ、中国語会話Ⅱ

(卒業要件単位=132)

自由選択科目
(1〜4年次)
学科科目・青山スタンダード科目・外国語選択科目(必要単位以上の履修)及び法学部共通科目並びに他学部開講科目を自由に選択して学べます。

(卒業要件単位=132)

ページトップ

PAGETOP
  • The Salf of Earth, The Light of the World
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Faculty of Law. All Rights Reserved.