今年の著作権法ゼミ生が選択した研究テーマは基礎研究が多い。例年のように、目下(夏休み中)、ドイツで猛暑の中、後期のゼミのために情報収集中。ちょうど先ほど、ドイツの法学部3年生の協力を得て、ある基本テーマのドイツ語論文を翻訳終了(9月に公刊予定)。今年のゼミのテーマの1つだ。これは日本の著作権法研究者がよく孫引きしている論文であるが、あまり読まれていない論文のようだ。


The following two tabs change content below.
松川実

松川実

Matsukawa Minoru 教授 【専門分野及び関連分野】知的財産権法(特に著作権法)、民法(特に損害賠償法)、比較法 【主要担当科目】知的財産法I・II(第一部)、私法総合演習(大学院)、著作権法研究II(大学院)
松川実

最新記事 by 松川実 (全て見る)