青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 大学院法学研究科

専攻主任メッセージ

専攻主任メッセージ

木山 泰嗣

本専攻の院生には、「法的思考力」を鍛えていただきたいと思っています。忙しい社会人であるにもかかわらず、「この大学院に入学してみようかな」と思われたのは、ビジネスにおける「法的ニーズ」を実感されてたからではないでしょうか。

平成23年の国税通則法改正で「法的な手続」として整備された「税務調査」は「法的三段論法」をフル活用して行われます。法的三段論法は、法律の条文を「解釈」して得られた規範(大前提)に、証拠によって「認定された事実」をあてはめ、「結論」を導くもので、法律家が、常に活用している思考方式です。

税法務の実務では、「法的三段論法」を中心とした「法的思考力」を駆使できる専門家が求められています。本専攻では、膨大な量の判決や論文を読みます。判例発表やレポートなど様々な場面で文章を書きます。読んで書く(そして、聞いて話す)。その過程で「考える」ことで、「法的思考力」は鍛えられます。ぜひ一緒に学びませんか。

法学研究科ビジネス法務専攻主任
木山 泰嗣

ページトップ

PAGETOP
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Graduate School of Law. All Rights Reserved.