青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 大学院法学研究科

私法専攻・公法専攻の特徴

理論研究を重視する私法専攻・公法専攻と、実務家養成に特化したビジネス法務専攻。
AOYAMA LAWは「理論×実務」の教育・研究体制により、「法」を駆使する専門家を育成します。

特色

私法専攻・公法専攻は、法や政治分野の研究者を目指す者、法に関する知識を備えた専門的職業人を目指す者、さらにはより深く法や政治について学び、次のステップへの準備を進める者にも開かれています。私法専攻には、民法、商法、会社法、民事訴訟法といった科目のほか、保険法、信託法、知的財産法、経済法など、現代社会に不可欠な法分野の科目が用意されています。また、公法専攻には、憲法、行政法、刑法、刑事訴訟法、国際法のほか、税法や社会保障法などの実務上の要請が高い科目から法哲学、政治学まで多彩な科目が網羅されています。
学びの特徴としては、基本的には少人数のゼミ形式で、指導教員や隣接科目の教員から専門的な示唆を受け知識を深めるとともに、院生同士の討論も通して、自らのテーマをより深く、広い視野から探究できることを重視しています。

カリキュラム

基礎科目(主に1年生を対象として研究の基礎的技法を学ばせる科目)のうち、必修科目「研究方法論」では、リーガル・リサーチ、英米独仏EUなど外国法の調査研究など、研究に関する基本スキルを習得します。専門科目(教員による少人数演習クラス)には各分野の研究科目が多彩に設置されており、基本的に各自の研究主題に関連する科目を選んで履修することができます。研究指導科目(指導教員による論文指導)では、1年次から指導教員の個別指導のもとで修士論文の作成に取りかかり、2年次には中間報告を行ったうえで修士論文の完成を目指します。なお、これらの科目以外に、ビジネス法務専攻や他研究科の開講科目も一定の範囲内で履修することができます。
私法専攻・公法専攻の修了者に授与される学位は、修士(法学)です。所定の期間(2年)の間に、「基礎科目」「専門科目」「研究指導科目」「自由選択」の30単位を修得し、修士学位申請論文の審査に合格した者に学位が授与されます(ただし、1外国語の認定が必要です)。

入試

研究に必要とされる基本的な学力を確認する入学試験として、一般入試を実施していますが、それ以外にも、特別入試、社会人入試、外国人留学生入試を実施しており、多種多様なバックグラウンドを持つ者に対して入学の途を開いています。

博士後期課程

博士前期課程修了後、さらに研究を深めて博士論文を完成させ、大学等の研究・教育機関の研究者を目指す者、また、博士論文の執筆を通して、実務家としてより高度かつ最新の専門的知識を身につけようとする者に対して、博士後期課程が用意されています。

ページトップ

PAGETOP
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Graduate School of Law. All Rights Reserved.