青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 大学院法学研究科

修了要件と授与学位

私法専攻の修了要件と授与学位についてご紹介いたします。

私法専攻 博士前期課程

修了要件

修了要件は次の通りです。
(1)標準2年以上在学し、所定の履修方法に従い合計30単位以上を修得すること、(2)修士論文を提出しその審査および最終試験に合格すること、かつ、(3)1外国語の認定に合格することです。

修了者に授与される学位

修士(法学)
私法専攻の博士前期課程を修了した者には、修士(法学)の学位が授与されます。

私法専攻 博士後期課程

修了要件

修了要件は次の通りです。
(1)標準3年以上在学し、所定の12単位以上を修得し、かつ、博士学位取得に必要な研究を行うこと、(2)選定した研究主題に関する博士論文を執筆・完成すること、ならびに(3)博士学位授与プロセスに従って博士論文を提出しその審査を受け、最終試験および2外国語の認定に合格したうえで同学位授与の決定を得ることです。

修了者に授与される学位

博士(法学)
私法専攻の博士後期課程を修了した者には、博士(法学)の学位が授与されます。

公法専攻の修了要件と授与学位についてご紹介いたします。

公法専攻 博士前期課程

修了要件

修了要件は次の通りです。
(1)標準2年以上在学し、所定の履修方法に従い合計30単位以上を修得すること、(2)修士論文を提出しその審査および最終試験に合格すること、かつ、(3)1外国語の認定に合格することです。

修了者に授与される学位

修士(法学)
公法専攻の博士前期課程を修了した者には、修士(法学)の学位が授与されます。

公法専攻 博士後期課程

修了要件

修了要件は次の通りです。
(1)標準3年以上在学し、所定の12単位以上を修得し、かつ、博士学位取得に必要な研究を行うこと、(2)選定した研究主題に関する博士論文を執筆・完成すること、ならびに(3)博士学位授与プロセスに従って博士論文を提出しその審査を受け、最終試験および2外国語の認定に合格したうえで同学位授与の決定を得ることです。

修了者に授与される学位

博士(法学)
公法専攻の博士後期課程を修了した者には、博士(法学)の学位が授与されます。

ページトップ

PAGETOP
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Graduate School of Law. All Rights Reserved.