青山学院大学 法学部・大学院法学研究科 | 大学院法学研究科

在学生の方へ

  • HOME »
  • 在学生の方へ

私法専攻 博士前期課程

  1. 標準2年以上在学し、合計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ修士学位申請論文を提出してその審査及び最終試験に合格しなければならない。修士論文提出に際しては、一外国語の認定に合格しなければならない。在学期間に関しては、優れた研究業績を挙げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
  2. 公法専攻、ビジネス法務専攻の授業科目の履修も認める。
  3. 法学研究科に配置されていない他研究科の授業科目の履修については、研究指導教員及び当該授業科目の担当教員の承認があれば10単位以内に限り修了要件単位として認める。
  • 修了者に授与される学位: 修士(法学)

公法専攻 博士前期課程

  1. 標準2年以上在学し、合計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ修士学位申請論文を提出してその審査及び最終試験に合格しなければならない。修士論文提出に際しては、一外国語の認定に合格しなければならない。在学期間に関しては、優れた研究業績を挙げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
  2. 私法専攻、ビジネス法務専攻の授業科目の履修も認める。
  3. 法学研究科に配置されていない他研究科の授業科目の履修については、研究指導教員及び当該授業科目の担当教員の承認があれば10単位以内に限り修了要件単位として認める。
  • 修了者に授与される学位: 修士(法学)

私法・公法専攻 博士後期課程

研究指導教員を定め、その指導の下に研究主題を選び必要な研究指導を受けたうえ、博士学位申請論文を提出してその審査及び最終試験に合格し、他に二外国語の認定に合格しなければならない。在学期間に関して、修業年限は標準3年(学則第10条)と定められているが、上記の条件を満たせば在学期間3年以内でも修了することが可能である。

  • 修了者に授与される学位: 博士(法学)

ビジネス法務専攻 修士課程

  1. 標準2年以上(短期修了は標準1年以上、長期修了は標準3年以上)在学し、所定の履修方法に従い合計30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ修士学位申請論文又は特定の課題についての研究の成果を提出して、その審査及び最終試験に合格しなければならない。なお、修士学位申請論文を申請した者は、他に一外国語の認定に合格しなければならない。在学期間に関して、修業年限が2年の課程において優れた研究業績を挙げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
  2. 研究主題届として、修了見込年次の12月初旬に「修士論文」又は「特定の課題についての研究の成果」の選択、指導教員、論文題目を提出すること。
  • 修了者に授与される学位: 修士(ビジネスロー)

ビジネス法務専攻 博士後期課程

研究指導教員の指導の下に研究主題を選び3年以上在学し、所定の研究指導演習20単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ博士学位申請論文を提出し、その審査及び最終試験に合格しなければならない。また、他に一外国語の認定に合格しなければならない。在学期間に関して、修業年限は標準3年(学則第10条)と定められているが、上記の条件を満たせば在学期間3年以内でも修了することが可能である。

  • 修了者に授与される学位: 博士(ビジネスロー)
ページトップ

PAGETOP
Copyright © Aoyama Gakuin University School of Law. / Graduate School of Law. All Rights Reserved.